「凡人」の自覚が、「素直さ」を招き、「成長」につながる。

フリーランスのデザイナーとして活躍していたが、ある年を境に自分のキャリアについて考え出す。
その結果、「このままじゃ、だめだ」という結論に至り、ベンチャーネットに入社。
入社後は、「自分は凡人なのだ」という自覚を常に忘れず、「素直さ」を大事に仕事に取り組んだ。

自分は「凡人」?なぜキャリアを変更したのか?
大学在学中から、フリーランスとして活動してきた齋藤氏。大学卒業後も、フリーランスとしてしばらく活動するが、ある転機を迎え、自身のキャリアについて考え直すようになったという。その転機が、2011.3.11の震災である。当時、齋藤氏は福島に住んでいたため、地震の影響で、売上げは一気に0になってしまった。その時に初めて「このままじゃ、だめだ」と思い、今までの成長志向のない生き方を変えたいと考えるようになったと言う。  齋藤氏がベンチャーネットに入社したのは、避難のため、東京に拠点を移したこの時期であった。ベンチャーネットに入社した際には、今までの自分を変えるべく、次のような姿勢で仕事に臨んだという。「自分は凡人だから、一時代を築き上げてきた人たちの声をフラットに聞き入れよう。その時には、自分のこれまでの考えを捨てるくらいの姿勢が必要だ」。
一万時間の法則と「素手」でトイレ掃除?裏には大きな目的。
一万時間の法則というのをご存知だろうか。簡潔に言えば、その分野で成功するためには、最低1万時間の努力時間を要するという法則である。齋藤氏は、これを2年間で遂げている。その多くは、読書やセミナーなどの基礎固めに使われており、本は1年で約100冊、セミナーは週に一回は参加していた。これだけの時間を基礎固めに使い、2年目以降からは、実践に移っていった。斎藤氏は、2年目以降からの実践において「1年目に基礎知識として貯めておいたものが、実践で活きているのを感じました」と述べ、基礎固めの重要性を再認識したと語る。
また一方で、精神的な面でも、自身の変化につながるような活動をしていたという。そのひとつが、「オフィスのトイレを素手で掃除する」活動である。なぜ、トイレ掃除なのか。齋藤氏は次のように述べた。「トイレ掃除は、日本電産の創業者である永守さんが、実行していた方法を参考にしたものです。自分は当時、これまでの生き方や仕事への姿勢を変えたいと思っていました。合理性を重視して生きていた自分が変わるためには、徹底的に非合理的なことをやってみる必要があると考え、これを実践しました」。
このように、齋藤氏には「自分を変える」という大きな目的があり、それを果たそうとする覚悟があった。
(勿論、ベンチャーネットが社員にオフィスのトイレ掃除を強要することは、ない)
素直で柔軟な人と働きたい
齋藤氏に、どのような社員と働いてみたいかを尋ねると、このような一言が返ってきた。「素直で柔軟な人と働きたいですね」。勿論、ロジカルさや地頭の良さは必要になってくるものだが、第一に「素直さ」が根付いている社員を齋藤氏は挙げる。「素直さ」を第一に掲げる理由は単純で、人の話を素直に聞けて、呑み込んでいける度量のある人であれば、どんどんと成長していけるからである。齋藤氏は、「(そのような)成長していける新入社員と働くことが、この先楽しみでもあります」と述べる。
「素直」で「柔軟」に物事を受け入れられる人は、変化の多いこの時代には欠かせない。反対に、変化の多いこの時代では、「素直」で「柔軟」であることが人として必須である。齋藤氏はそのようなことも踏まえ、共に働いていく仲間に「素直で柔軟」な姿勢を求める。

齋藤蓉平のキャリア Career of Yohei Saitoh

齋藤蓉平のキャリア 一般的なMA事業部のキャリア
First Year コンテンツ制作
マーケティング・ロジカルシンキングの力養成
マーケサポート
各種コンサルタント同行
Second Year マーケターサポート
グループ会社の代表に抜擢
マーケコンサルタント
Third Year グループ会社の営業・ディレクション
新規事業の立ち上げ
MA導入サポート
Fourth Year 事業部長として、新しいフェーズへ MAコンサルタント

COMMON RULES 全てのキャリアに共通すること

裁量とスピード成長
1年目から、経験を積んでいただくために、様々な仕事に取り組むことが出来ます。実践を積み重なて行くことで、成長スピードは格段に速くなり、図のように成長することが可能です。
新規事業立案
どの事業部にいても、プロジェクトドライブによる社内ベンチャー、新規事業立ち上げは、初年度からでも大歓迎です。社内起業をして、一緒に会社を盛り上げませんか?
誰もが例外
ご覧いただいているのは、あくまでも標準的な例です。これよりもっと早く成長することもできますし、裁量をこれより多くすることも可能です。誰もが例外なのです。各人の成長スピードに合わせた仕事をして、パフォーマンスを上げていきましょう!
ロジカル思考必須
ベンチャーネットでは、ロジカルシンキングやWeb戦略の勉強が必須です。これらの力の定着が波乱の時代で成長していけるカギと考えているからです。