デジカツ

デジタルトランスフォーメーションを加速するための貴社バーチャル社員によるデジトラ実行チーム

これからの時代に必要な、実行を優先し、自社でデジタルトランスフォーメーションを推進していくための「協業ができるチーム作り」を支援。

お問い合わせ・お見積りはこちら

  • 事例1

    事例1

    上場メーカーR社

    たくさんの事業所を持つR社では、マーケティング活動がバラバラで行われているのが課題でした。そこでOracle Eloquaを導入・運用することで、一貫した効率的なデジタルマーケティングを遂行することができました。

  • 事例2

    事例2

    学校法人Tさま

    Tさまでは、学校のホームページ流入数を増やし、生徒獲得を増やしたい計画がありました。そこでSEOレポート作成、コンテンツ作成、デジタルコンテンツの計画立案を行うことで、オンラインでの生徒獲得数を増やすことができました。

  • 事例3

    事例3

    士業事務所のIさま

    新規事業の立案検討をしていたCさまは、RPAに着目した事業展開を計画しておりました。そこで、WinActorの導入支援・ハンズオントレーニングを実施し、RPA製品に対する知見を深めることができました。

デジトラとは

料金プランを見る

デジタルトランスフォーメーションを推進していくうえでこんな課題をお持ちの方に

このような課題を、
何年も放置していませんか?

  • 業務の高度化や顧客への新規価値の創出を行いたいがリソースが足りない
  • Salesforceを入れたが、ちゃんと運用できてない
  • Pardotを入れたが、運用できていない
  • Eloquaを入れたが、運用できてない
  • WinActorを入れたが、活用できてない
  • デジタルトランスフォーメーションの推進が思ったより進まない
  • ツールはあるものの使っていなかったり、しっかり活用されていない
  • 営業を支援するようなデジタルマーケティングになっていない
  • 売上につながるお客様の集客ができてない
  • 販売戦略から、デジタルを軸にもう一度見直したいが、わからない
  • キャンペーンのツール側の設定をするリソースがないため、単発で終わっている
  • ツールの見直しからやり直したいが、相談できる人がいない

そういう企業は、競合がデジタルトランスフォーメーションを推進していく中で、見える形での差がはっきりと表れたときには、時すでに遅しといった大変なことになります。経営は実行です。実行しないと結果は何も変わりません。
これからの時代に必要なのは、実行を優先し、自社でデジタルトランスフォーメーションを推進していくための協業ができるチーム作りなのです。

実態はこうなっていませんか?

情報システム担当者の実態
情シスが1人または少数で手に負えない

  • 情報システム担当者(兼務)

    ひとりはつらい。

    新技術や革新的な技術を試したりもしたいのだけど、兼務なので試す時間を切り出せない。

  • 経営

    専属の情報システム担当者を雇うのも・・・

    変化の激しいのこの時代、可能であれば兼務や外注で対応し、限られたリソースは正社員にしかできない仕事に割り振りたい

人を増員したいけど、採用コストも高いし、自社に合うかどうかわからない。 少子高齢化にも相まって、今後、ますますその傾向は強くなっていく。 そう、良い人は採用できないという前提で戦略を組み立てていかなければならないのです。

デジタルマーケティング人材確保の難しさ

現在の日本の経営課題が、「仕事不足」から「人手不足」に移りつつあります。有効求人倍率は、バブル期をも上回る1.52です。 生産年齢人口比率の低下という「人口構造の変化」は、経営者に「人手不足をいか に解消するのか?という重い課題を容赦なく突き付けます。
経済がデフレ化しているのであれば、ヒト余りにより失業率が上昇するはずです。ところが、我が国は少子化による生産年齢人口比率の低下という特殊事情を抱えており、ヒト余りどころか人手不足倒産が激増しそうな局面に突入しつつあります。 毎年「深刻化」することが明らかな人手不足を、いかに解消するべきなのか。逆に人手不足問題を適切に解決することができれば、企業の利益は拡大し、同時に「日本の経済成長」にも大きく貢献することになるのです。

このような課題に対して、日本という少子高齢化の現実の中で、デジタルトランスフォーメーションを推進していくためのサービスがデジトラです。

デジトラ特徴

御社のWebサイト運用の課題や施策に合わせて、実績豊富な担当ディレクターをアサイン

デジトラの強みは、Webサイト運用実績豊富なディレクターの人材ネットワーク。専門分野を持ち、コミュニケーション力のあるフリーランスのディレクターを中心に、それぞれの専門性と得意分野を独自プロファイリング化。お客様のニーズや、課題に合わせたディレクターを柔軟にアサインすることが可能です。

業務ボリュームに応じて、週1日程度の稼働からWebサイトの運用代行します

週1日程度の稼働からWebサイトの運用業務を代行いたします。契約は基本3ヶ月単位で、運用状況や活動方針の変更に合わせて、ディレクターを変更することも可能です。また、運用人員の増員などのご希望にも柔軟に対応させていただきます。

単なる運用代行ではなく、Web担当者視点でPDCAを一緒にまわします

ディレクターは基本、リモートで運用業務を巻き取りながら、月1〜2回はお客様と対面での進捗確認MTGを行います。リモートだから質の高いディレクターをリーズナブルな料金でアサインすることが可能な一方で、Webサイト運用のPDCAをしっかりまわすコミュニケーションを心がけています。

料金体系・モデルプラン

3ヶ月単位のご契約で、作業ボリュームに応じて3プランご用意しております。

10時間/月 月額10万円
25時間/月 月額25万円オススメ
50時間/月 月額23万円

モデルプラン

BtoCおすすめモデルプラン
(25時間プラン3ヶ月×4)
  • 生産性向上
  • マーケティング
    自動化
  • 営業効率化
  • MA/SFA連携
BtoBおすすめモデルプラン
(25時間プラン3ヶ月×4)
  • 生産性向上
  • マーケティング
    自動化
  • インサイドセールス
  • 営業効率化

プランへのご質問など、お気軽にご相談ください

お問い合わせ・お見積フォーム

デジタルマーケティングで担当可能な業務

  • 1

    OracleEloqua
    設定運用代行

  • 2

    SalesforcePardot
    設定運用代行

  • 3

    SalesforceSalesCloud
    設定運用代行

  • 4

    MAのための
    コンテンツ作成

  • 5

    WinActor
    シナリオ作成代行

  • 6

    SEO
    レポート作成

  • 7

    SEOのための
    コンテンツ作成

  • 8

    ウェブサイト
    運営保守代行

  • 9

    GoogleAnalystics
    設定代行

  • 10

    ABM-AUTOMATION
    の利用

  • 11

    Payment-AUTOMATION
    の利用

  • 12

    SEO-AUTOMATION
    の利用

全体の流れ

お問い合わせから運用代行開始まで、どのような順序で進めるのかご説明します

お問い合わせ

まずは、ウェブサイトのお問い合わせフォームからお問い合わせください。

面談・要件ヒアリング

運用代行する内容のヒアリングをはじめ、御社の課題、運用を通じて得たい成果を共有させていただきます。

運用体制とお見積ご提案

2週間以内を目処に、御社を担当するディレクターの紹介と運用体制、お見積もりをご提案させていただきます。

ご発注・運用代行開始

正式にご発注いただけましたら、早速運用代行を開始いたします。

デジトラのサービス疑問のある方。

ご安心ください。

私たちベンチャーネットのコンサルタントが窓口となり、デジタルマーケティングの支援をしっかりおこなわせていただきます。

ベンチャーネットは【国内初】Oracle Eloqua導入パートナーとして、Oracle Cloud Excellence Implementer認定を取得。 さらにSalesForce、WinActor®のパートナーも務めております。 http://www.sankeibiz.jp/business/news/190219/prl1902191002017-n1.htm
※WinActor®はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

よくあるご質問

お客様から寄せられたお問い合わせと回答をご紹介

サービスの契約期間はだいたいどのくらいでしょうか。

標準的な契約期間は6ヵ月単位です。ただし、大手様の場合は3か月単位である必要がある場合もございますので、社内の規定がございます場合は3か月でも承っております。

初期費用はかかりますか?

初期費用は一切かかりません。 6か月の契約の期間の中で、いつどのようなサービスをどのぐらい行うかを最初に決めさせていただきます。

設定業務以外で、コンサルティングをしていただくことは可能ですか?

はい、可能です。コンサルティングについては、別途お見積りとなりますが、現状把握、課題洗い出し、施策の優先順位の提案を行わせていただきます。

現状のシステムとの連携もお願いできますか

はい、可能です。 Salesforce、OracleEloqua、WinActorに知見のあるシステムエンジニアが担当させていただきます。

サービスプランの変更は可能ですか?

3か月おきにサービスプランを変更することが可能です。 PDCAサイクルを回すことで、優先すべき課題が見えてくるので、それに応じて柔軟に変えられるようにしてあります。

地方でもサービスを提供してもらえますか?

はい、可能です。 ただし、月1回、サービス内容の確認と振り返りについては オンラインでのご報告とさせていただく場合がございます。

お問い合わせ・お見積り

まずはお気軽にお問い合わせください。

よろしければお問い合わせをいただいた背景、

解決されたい課題などをお聞かせください
会社名 必須
部署名
役職名
氏名 必須


TEL 必須
メールアドレス 必須
その他ご質問・ご要望など

プライバシーポリシーに同意する





Copyright © 2018 VENTURE NET All Rights Reserved.